英字紙ウォッチング

英語メディアの経済、政治記事を定点観測

厳冬期の米社債

 米国の社債金利上昇に伴い、寒い時期を迎えている。

 2月以来の大きな売りに、頑健だと見られていた債券市場の弱さが浮き彫りになった。米国の社債市場が2月以来の悪い状況に苦しんでいる。金融危機以降の強気ブームが終わろうとしている。

 米国の社債市場の発行高は、2009年以降、毎年1兆ドルをこえている。企業は低金利の恩恵を受けている。しかし、金利上昇に伴い、こうした環境も変化しつつある。

 https://www.ft.com/content/4419750c-ddea-11e8-9f04-38d397e6661c