英字紙ウォッチング

英語メディアの経済、政治記事を定点観測

ゴールドマン、ロシア資産からの撤退

 快晴。

 ゴールドマンサックスはロシア資産からの撤退を始めている。西側諸国の銀行はウクライナ侵攻以降、同国から撤退しつつある。

 https://www.ft.com/content/69b7afc8-f212-40f0-8dda-05d70b71e899

 ブラックストーン。

 https://www.ft.com/content/5ac750a5-c454-485d-8974-17627c47ea20

 債務上限問題。

 https://www.nytimes.com/2023/01/30/business/economy/wall-street-debt-limit.html

日蘭、対中半導体規制へ

 快晴。

 オランダと日本はアメリカによる対中半導体輸出規制に参加することを決めた。これは中国の半導体産業の発展を阻もうというアメリカの努力にとって、重要なステップとなる。

 日本とオランダは半導体製造装置の対中輸出を規制する。米国と合意に達した。中国はこれにより、先進兵器を開発することが難しくなった。

 三国間の合意に詳しい関係者によると、ホワイトハウスで高官級の協議が行われ、金曜日に合意に達した。3カ月前には和信と政府は、中国の企業に先進的な半導体製造装置を売却することを米国企業に禁じていた。

 https://www.ft.com/content/baa27f42-0557-4377-839b-a4f4524cfa20

 2023年に入り、米ドルが他国通貨に対して安く推移している。Fedが為替市場における主要プレーヤーでなくなっており、焦点は他の国の中央銀行の施策に投資家の目線が映っているからだ。

 大きく利上げを進めるというFedのキャンペーンは、2022年の9か月間は投資家を魅了した。同時に、ドルへ投資家の資金が殺到した。しかし、Fedが利上げペースを緩めると、ドル高の勢いは緩まった。

 https://www.ft.com/content/84e98e21-0c89-486b-8ec9-b4c56c8af129

ブレイナード氏の転身

 快晴。

 ウクライナに対し、米国も戦車を送ることを決めた。ドイツと合わせて戦力が増強されることになる。ウクライナ側はこれらの決定を歓迎している。ロシアはこの動きを非常に危険であるとしている。

 米国とドイツは主要な戦車をキエフ政府に送ることを決めた。西側による軍事支援は大きく増大することになる。米国は31台のエイブラハム戦車をウクライナに送る。水曜日にバイデン政権の高官が認めた。

 その前日はドイツが14台のレオパルド戦車の提供を発表している。これは軍が保有しているストックからの供与である。

 https://www.ft.com/content/d79c4da1-2c17-401d-9ef7-00051fe02f2a

 ホワイトハウスの主席エコノミストにブレイナード副総裁が有力視されている。もしエコノミストに採用されれば、Fed内の委員の顔ぶれが大きく変化することになる。

 https://www.ft.com/content/14f0545c-c79c-4c40-b6ff-902d8d8b3018

 投資家はイールドを求めて、動き出している。MMFが動意づいている。

 https://www.wsj.com/articles/jittery-investors-turn-to-cash-in-hunt-for-yield-11674615515?mod=markets_lead_pos2

 

ドイツ、戦車をウクライナへ

 曇り。

 ドイツはレオパルト戦車をウクライナに供与することを決めた。ショルツ政権が方針を見直す。ベルリン政府による画期的な支援により、ポーランド政府がさらに重火器をウクライナに供与する動きを加速させている。

 ドイツはレオパルト2戦車をウクライナに送ることを決めた。ロシア軍と戦ううえで、キエフ政府を元気づける西側諸国の動きとなる。

 ドイツ政府関係者が明らかにした。ただし、何台送るのかやその種類は検討中だとして詳細を明らかにしなかった。ドイツのシュピーゲルオンラインは、この動きを最初に報じた。少なくとも14台の戦車を送るとされている。

 https://www.ft.com/content/2c813a5f-a08c-451b-bae8-e734a2b04500

 アクティビストファンドのエリオットが今度は146年の歴史を持つ大日本印刷に標的を定めた。電気自動車部品やスマホのスクリーンを生産しているが、それが株価に反映されていない、という主張である。

 エリオットは過去数か月間のうちに大日本株を買い増した。

 https://www.ft.com/content/ac43e9dd-1e83-47c7-9401-112964465545

マイクロソフトのChatGPT投資

 曇り。

 マイクロソフトはChatGPTを制作しているオープンAIに数十億ドルを支払うことを決めた。企業の将来をAIに賭ける決意である。

 https://www.ft.com/content/298db34e-b550-4f80-a27b-a0cf7148f5f6

 株式市場は上昇した。すべてはインフレが鎮静化するかどうかにかかっている。足元では物価上昇が急速に冷え込むのではないかとの期待が浮上している。

 物価は10年に一度の上げ幅となっている。2%インフレへの急速な回帰への期待は、Fedが利上げペースを緩め、反転させるかにかかっている。

 https://www.wsj.com/articles/market-recovery-hinges-on-quick-inflation-drop-11674427477?mod=hp_lead_pos2