英字紙ウォッチング

経済、政治記事中心に英語メディアを定点観測

投資銀行ランキング

 曇り。今日は雨模様である。

  トランプ大統領Fedの理事に、元Fedエコノミストのネリー・リアン氏を指名した。リアン氏は金融安定についての最初の部署を創設したエコノミストである。

 2010年に、当時のバーナンキ議長がリアン氏に対し、2008年の金融危機後、金融システムのリスクを監視する部署をつくるよう打診した。リアン氏は1986年にFedのリサーチエコノミストとして入所し、2017年に辞めた。リアン氏は民主党員である。

 昨年、彼女はFedが例外的に緩和的な金融政策を行っているという批判に反論した。証拠が示すのは、特別な金融政策が金融の安定性をむしろ増している、という証拠である、という。

 https://www.wsj.com/articles/trump-to-nominate-former-fed-economist-nellie-liang-for-board-seat-1537392151?mod=hp_lead_pos4

 投資銀行のランキングである。投資銀行業務の規模(売上)において、ゴールドマン・サックスシティグループを上回った。

 マーケッツ部門と投資銀行部門の売り上げは、フィクストインカム部門とバンキング部門が18年前半に伸びたことが影響した。とくに米国において顕著であった。

 JPモルガン投資銀行の売り上げで依然として世界最大である。2010年以降、毎年ナンバーワンの地位にある。モルガン・スタンレーメリルリンチはトップ5の地位を争っており、金融危機以降、ウォールストリートの巨人たちが世界の投資銀行の上位を占拠している。

 ゴールドマンは、2017年に投資家の活動が停滞し、債券や商品トレーディングで損失を出し、苦しんでいたところから復活した。

 しかし、10月1日にトップに就任するゴールドマンのデビッド・ソロモン次期CEOにとって、良いニュースばかりではない。グローバルなM&Aランキングにおいて、ゴールドマンはJPモルガンにその地位を明け渡したからだ。

 一般論として、業績の良い金融機関は、たいてい大きなエクイティのビジネスで成功している傾向にある。

 一方、ドイツ銀行とバークレイズは6番手、7番手につけている。

 https://www.ft.com/content/4b8cced4-bc33-11e8-94b2-17176fbf93f5

 

束の間のシリア休戦

 晴れ。昨夜はひどい雨だった。

 米国の関税制裁に対し、中国が報復措置に出た。米中間の応酬が続いている。9月24日にその措置が発効する。

 中国政府は火曜日、米国の輸出品に対し、600億ドルの新たな関税を課す計画であると発表した。米国のトランプ大統領がその4倍以上の中国製品に対し、関税を課すとの動きに対する報復措置である。

 中国政府は同時に、報復の連鎖となっている米中間の紛争を緩和するため、二国間協議を計画することにこだわり続けている。

 https://www.wsj.com/articles/chinese-officials-scramble-to-respond-to-trumps-new-tariffs-1537275015?mod=hp_lead_pos2

 シリア情勢をめぐっては、ロシアとイスラエルの角逐が起きている。プーチン大統領は、シリアでロシア軍機が墜落したことについて、悲劇的な事故の連鎖が続いていると述べた。イスラエルに対し、報復するとの脅しを少し緩めた格好だ。

 15人の乗員が乗った軍機が地中海で月曜日の夜、誤って撃ち落された。シリア政府による対空兵器によるものだ。シリア軍はイスラエル軍のジェット戦闘機を標的にしていた。しかし、ロシア防衛省は、イスラエルの無責任で敵対的な行動がこの事故を引き起こしたとして、イスラエルを非難している。

 https://www.ft.com/content/dd868228-bb1e-11e8-94b2-17176fbf93f5

 エコノミストより。シリア情勢について。イドリブ地方で停戦が成立したが、ロシア軍機の墜落に象徴されるように、外国勢力によって戦争が再び激化するリスクが依然として存在している。

 イドリブ地方ではロシア軍機が病院などを破壊している。国連は大規模な人道危機が起きていると警告を発している。

 しかし、いま攻撃が一時休戦となっている。9月17日になって、トルコとロシアが、イドリブでバッファーゾーンを設けることで合意した。アサド政権と反政府軍を分ける。平和を維持するため、トルコとロシアの軍事警察がパトロールする。

 https://www.economist.com/middle-east-and-africa/2018/09/18/russia-defers-one-crisis-in-syria-but-is-embroiled-in-another

 

 

激化する米中貿易戦争

 晴れ。三連休の最終日。

 米中貿易戦争がますます激化している。米中総合が貿易に関する脅しを掛け合う事態になっている。トランプ政権側は2000億ドルの関税に上乗せして新たな関税をかける準備をし、北京政府は可能な報復措置を検討している。

 中国政府の高官は、もしトランプ氏が新たな関税を今週初めにも課すのであれば、米中の貿易協議は台無しになるだろう、と述べた。

 中国は銃を頭に突き付けられながら、交渉をするつもりはない、と述べた。

 ホワイトハウスの広報官は、関税に関する政権内の議論についてコメントを避けた。

 https://www.wsj.com/articles/china-weighs-skipping-trade-talks-after-u-s-tariff-threat-1537115334?mod=hp_lead_pos2

次の不況での金融政策

 久しぶりのイエレン前議長。Fedは次のフォワドガイダンスを模索する必要があると指摘している。ブルッキングス研究所主催のコンファレンスでの発言だ。

 次の不況で再び政策金利がゼロ近傍に至る可能性がある際、フォワドガイダンスの新しいやり方を研究する必要があるという。

 次の不況に備えた新戦略についての議論が盛んである。イエレン前議長は、Fedはより長く低金利を続けるための詳細な戦略について、検討を開始するよう求めた。

 過去の景気後退期において、Fedは平均して5~6%ポイント、金利を引き下げることができた。いまの段階でもし景気後退に陥っても、その金利低下幅は2%ポイントほどしかない。ということは、再び不況が来ると、通常とは異なる政策対応が必要となることを意味している。

 前回の危機後、Fedのバランスシートは4・5兆㌦まで拡大したが、次の景気後退期にはそれだけでは不十分だとイエレン前議長は指摘した。マイナス金利政策については、相当デメリットがある、と指摘した。

 これらの政策の代わりにイエレン雨議長は、フォワドガイダンスの新バージョンを提案している。それにはバーナンキ元議長のアイデアが反映されている。

 https://www.ft.com/content/d2e37e20-b82b-11e8-bbc3-ccd7de085ffe

 バーナンキ提案は次の通り。一時的な物価水準ターゲット政策の提案である。

 https://www.brookings.edu/blog/ben-bernanke/2017/10/12/temporary-price-level-targeting-an-alternative-framework-for-monetary-policy/

 次の不況に備えた議論が行われている。7月のFOMCで次の不況に備えた議論が行われていることが議事要旨で判明した。当面、米国経済の見通しは力強いものだが、もし不況が到来した場合に、どのように効果的に政策手段を発動できるか、議論を始めている。

 https://www.ft.com/content/2f5a36de-a62b-11e8-926a-7342fe5e173f

 

クライナー・パーキンス分割

 雨。

 大手ベンチャーキャピタルのクライナー・パーキンスが、会社分割を検討している。成長支援にフォーカスしたチームと、アーリーステージ投資を続けるチームとに分割される。

 若いスタートアップ企業への小規模な投資と、IPOが近い大型投資部隊とに分ける考えだ。具体的には、レーターステージの投資にフォーカスした投資チームを会社から分割する。投資戦略や結果で意見などが分かれていることに対応したものだ。過去40年にわたる同社の歴史において、もっとも大きな動きとなる。そして、会社のルーツ的な事業であるより小さく、アーリーステージの投資に回帰する。もっともよく知られている投資がグーグルやアマゾンへの投資だった。

 クライナー・パーキンスの今回の動きは、ベンチャーキャピタルの変わりゆく未来を示唆するような動きである。というのも、ドットコムブーム以来の水準に投資ファンドの資金は膨らんでおり、スタートアップ企業も非上場のまま長くとどまっている。それは上場しなくとも資金を得られるためだ。

 クライナー社は1990年代後半のドットコムブームをけん引した。ネットスケープやアマゾン、グーグルなどの企業に投資したが、その後フェイスブックツイッターなど、世代を象徴するような次の投資には乗り遅れた。そして、2010年ごろには、ミーカー氏を雇い、より成熟した企業に金を投じるようになった。

 近年、グロースチームはウーバーやスポティファイ、スクエアなど、より儲かる、レーターステージの投資を増やしている。しかし、アーリーステージ投資はペースを落としていた。

 https://www.wsj.com/articles/venture-capital-firm-kleiner-perkins-plans-to-split-1536933600?mod=hp_lead_pos3

トルコ利上げ

 雨。

 トルコが大幅な利上げに踏み切った。エルドガン大統領が外貨交換を制限すると発表してから数時間後のことだ。リラはドルに対し、大きく値上がりした。

 トルコの中央銀行政策金利を17・75%から24%へ、大きく引き上げた。物価の安定と金融政策の引き締め姿勢を維持するためだ。

 ここ数週間、トルコの混乱は新興国を中心に世界マーケットを揺るがしている。

 https://www.wsj.com/articles/erdogan-moves-to-support-turkeys-embattled-lira-with-new-measures-1536826634?mod=hp_lead_pos3