英字紙ウォッチング

英語メディアの経済、政治記事を定点観測

スローダウンする米雇用改善

 雨。

 米国の雇用改善ペースが減速している。

 11月の新規雇用者数は24.5万人の増加にとどまった。事前予想よりも小さいな雇用増加となり、雇用市場のモメンタムが失われつつあるのではないかという懸念が高まっている。

 失業率は6.7%に低下した。

 金曜日に公表された雇用統計によると、世界最大の経済は雇用改善のペースが減速しつつある。議会では財政刺激策についての議論が進んでいるさなかである。この結果は新たな議論を巻き起こしそうだ。

 Fedにとっても、金融面でのサポート手段がないのか、議論を巻き起こすことになる。

 コロナウイルスの感染拡大して以降、2220万人の雇用が失われた。しかし、春から夏にかけて、急速に雇用は改善しつつあった。しかし、秋になって雇用回復のペースはスローダウンした。9月の新規雇用者数は71.1万人、10月は61万人だった。

 エコノミストらの予想によれば、11月は雇用回復のペースが減速するとされていた。しかし、実際の雇用回復は予想よりもずっと悪かった。今年2月と比べ、現在も980万人が職を失ったままでいる。

 いくつかのセクターでは11月に雇用を逆に失わせていた。小売りでは雇用が減少し、政府部門でも雇用が減少した。レジャー部門では雇用改善のスピードが減速した。

 失業率は6.9%から6.7%へ減速した。これは通常は喜ぶべき数値だが、詳細をみると、悪い内容である。分母である労働力市場からの退出が進んでいるのだ。労働参加率は低下することになった。

 多くの人がコロナを懸念して職場復帰していなかったり、家族のケアで働けないでいるという指摘もある。

 この結果を受けて、米国債は売りとなった。10年国債の利回りは上昇し、0.95%をつけた。ドルは上昇。しかし、株式市場はほとんど反応しなかった。

 https://www.ft.com/content/54b36f61-8d02-487c-8c35-75e17717953e

今年のヘッジファンド

 晴れ。

 バンガードの国際部門トップが退任した。33年間もアセットマネージャーを務めた。ジム・ノリス氏である。

 https://www.ft.com/content/1deca249-4cb3-4989-bd5d-1fa165b03a0a

 今年のヘッジファンドの「勝者」について。テスラやペイパルに投資し、ワイアカードを売りとしていたCoatueマネジメントが52%の利益を得た。

 https://www.ft.com/content/fc0f6c6e-b56d-42f3-93f3-b4728cdcd9dd

 木曜日の株式市場は、ワクチンによる後押しを失った。

 https://www.ft.com/content/430b6504-b605-4a9c-aa6c-408cf1f45dc6

 NYTブリーフ。ワクチンの世界でナショナリズム的な動きが起きている。香港のジミー・ライ氏が4月まで収監されることになった。

 https://www.nytimes.com/2020/12/03/briefing/vaccine-us-britain-hongkong-china.html

英国のマイナス金利

 曇り。

 投資家はイングランド銀行がマイナス金利を導入しそうなことで、投資資金の巻き戻しを始めている。ワクチン開発が進み、市場の焦点はダウンサイドリスクからアップサイドリスクへと移りつつある。

 イングランド銀行の主要な政策金利は現在、2022年後半にはゼロに到達するとみられる。デリバティブ市場の期待から算出するとそうなる。トレーダーらは今後数年でマイナス金利になると予想している。

 イングランドはコロナ後の経済影響を和らげるため、そうした圧力に直面するとみているのだ。大手投資家は現在、ワクチン開発にフォーカスしている。これはアップサイドの材料である。

 英国政府は水曜日に、西側諸国としては初めて、コロナワクチンを承認した。ファイザーとビオンテック社のものだ。来週にも、もっとも弱い人々に接種される。

 これを受けてイールドカーブは上方にシフトした。高格付けの債券市場は、グローバルで幅広く売りが出た。投資家は2021年の経済再開による経済のリバウンドを見込んでいる。

 https://www.ft.com/content/72500c20-4a49-4fa9-a3c8-40ce1d26f436

 NYTブリーフ。香港では抗議デモの参加者が刑を言い渡された。

 https://www.nytimes.com/2020/12/02/briefing/britain-vaccine-hongkong-afghanistan.html?action=click&module=Briefings&pgtype=Homepage

豪州・中国の対立

 曇り。

 米国株は続伸。ドルと金利がけん引した。中国の産業セクター全般が好調であるとの報告が米国株の高値更新に導いた。

 S&P500指数は1.1%の上昇となった。コロナワクチンが米国のブルーチップ株式を11月はおよそ11%も引き上げた。テクノロジー中心のナスダック指数も上昇した。

 国債とドルは弱含んだ。

 10年国債金利は0.08%ポイント上昇し、0.92%をつけた。20年債と30年債も同時に上昇した。ドルはドル安が進んだ。

 https://www.ft.com/content/b9eb6d1e-d2ce-4263-9997-39eaa72ea3d1

 今日のNYT。オーストラリアと中国の間で緊張が高まっている。

 https://www.nytimes.com/2020/12/01/briefing/australia-china-vaccine-europe-change-5.html

 

バイデン政権の経済チーム

 晴れ。

 バイデン政権の経済チームが発表された。民主党の経験のある政策担当者をバランスよく取りそろえた。中には先進的なエコノミストの顔ぶれもみられる。

 イエレン氏は財務長官へ。ニーラ・タンデン氏は予算局長官となる。NEC長官にはブラックロック幹部のブライアン・ディース氏が就任する。これは実務に長けた中道左派を志向した人事である。

 バイデン氏は同時に、急進的な志向を持つエコノミストを3人選んだ。ホワイトハウスの経済アドバイザーはジャレド・バーンスタイン氏に近いプリンストン大学のセシリア・ローズ氏が就任する。

 https://www.ft.com/content/5bf00589-076f-4f13-a683-3bf70c1b99f8

 11月は株式投資家にとって1989年以来の良い月となった。2ケタの利益を得た投資家が多い。

 11月はコロナワクチンの開発でブレークスルーが見られた。そのことが経済的にセンシティブなエネルギーや金融セクターにとって追い風となった。FTSEの世界インデックスは11月に12%上昇した。

 https://www.ft.com/content/4da65570-f747-4992-8a95-9e991e379518

 NYTブリーフ。インドでは農家が抗議活動に立ち上がった。数万人の農家がより市場に即した農政改革に抗議の姿勢を示した。首都ニューデリーで抗議活動が発生した。トラクターやトレーラーで首都に押し寄せ、モディ政権は交渉の姿勢を示している。

 コロナウイルス北朝鮮の経済を苦しめている。唯一の貿易相手国である中国との貿易が滞っているからだ。

 https://www.nytimes.com/2020/11/30/briefing/india-protests-north-korea-coronavirus.html?action=click&module=Briefings&pgtype=Homepage 

女性閣僚中心のバイデン政権

 晴れ。

 バイデン政権の要職は、女性で占められることになりそうだ。クリントン政権オバマ政権で要職を務めた女性らが任命されることになりそうだ。

 日曜日には経済チームと広報チームを任命した。

 https://www.ft.com/content/1dbf3396-fb9a-4c35-925c-2c05e25ca849

 EU側も対中国戦略でバイデン政権に足並みをそろえ始めた。トランプ後をにらみ、新しい戦略を立案しつつある。

 https://www.ft.com/content/e8e5cf90-7448-459e-8b9f-6f34f03ab77a

 月曜日のブリーフィング。コロナウイルスは日本と韓国、香港で急増しつつある。

 イランは科学者殺害に対抗し、報復の構えを見せている。

 https://www.nytimes.com/2020/11/29/briefing/japan-skorea-hongkong-iran-china.html