英字紙ウォッチング

経済、政治記事中心に英語メディアを定点観測

米税制改正の真の狙い

 米国の税制改革の詳細が明らかになった。狙いは税回避行動をとる多国籍企業にある。
 一見、法人税率が35%から20%に下げられて、企業のロビイストたちは喜んだかにみえた。しかし、反租税回避条項をみて、不安に駆られ始めている。彼らの関心は、1986年以降、初めて改定される税法の上方にある。
 今回の税制改正が実現すれば、主に2つのビジネス集団に悪影響を与えるという。一つは、米国の子会社をもつ海外多国籍企業だ。もう一つは、本社を海外に移転した米国企業である。
 https://www.ft.com/content/23060b2c-c037-11e7-9836-b25f8adaa111