英字紙ウォッチング

経済、政治記事中心に英語メディアを定点観測

ゴーン追放の深謀遠慮

 雨。

 日産ゴーン逮捕の続報。ゴーン氏の退任をルノーから権力を奪うために利用した、という見立てである。

 ゴーン逮捕は日仏衝突の様相を呈してきた。

 FTの見立てによると、ゴーン氏の解任は、ルノー連合のバランスを回復させる良い機会だと日産側が考えたことによるのだという。木曜日に取締役会を開き、ゴーン氏解任を決める予定だ。逮捕によって取締役としての職務を果たせないとみられ、9人いるメンバーは同意すると思われる。

 日産はルノーより規模が大きいが、ルノーは日産ルノー連合においてより大きな支配権を行使している。それにはマネジメントチームの幹部の任命権を含む。

 西川氏のもとで日産は、より経済産業省に接近した。もし日仏衝突となると、経産省との絆がものをいうからだ。

 https://www.ft.com/content/04ea6d68-ed86-11e8-8180-9cf212677a57