英字紙ウォッチング

経済、政治記事中心に英語メディアを定点観測

ロシアコネクション

 晴れ。
 共和党のヘルスケア法案が失敗した後、訴訟が今度は焦点になっている。トランプ政権と共和党議員たちは、数十億ドルにのぼる支払いを停止することができる。
 下院共和党議員たちは、すでに法廷で支払いが無効との申し立てをしようと計画している。違法だとしている支払いを止めようとする彼らの訴訟は、オバマケア法案を改正しようという議会活動のため、延期されていた。しかし、法案が否決されたいま、再び開始されようとしている。
 https://www.wsj.com/articles/after-gop-bills-failure-health-law-lawsuit-takes-center-stage-1490643053
 トランプ政権のロシアコネクション。今度は、女婿のクシュナー氏とロシアとの関係が取りざたされている。クシュナー氏は、政権移行期間中に、制裁を受けていたロシア国営の銀行幹部と会談していた。クシュナー氏は上院の委員会で銀行幹部との会合について話すよう求められた。委員会は同時にクシュナー氏に対し、ロシア大使と同じ移行期間中に会談していたことについての説明も求められている。
 クシュナー氏はトランプ氏の長女イバンカ氏のおっとであり、大統領に対するシニアアドバイザーの地位を占めている。クシュナー氏は委員会で証言することを認めている。
 米国は2014年に、ロシアのクリミア併合に伴い、経済制裁を課している。財務省の制裁は、特定の金融契約を禁止している。
 ロシア国営銀行のVEB側は、今回の会合は、首脳陣が欧州やアジア、米国で銀行の親戦略を説明するためのロードショーだったと説明している。
 トランプ政権は、クシュナー氏はこの銀行が制裁の対象だったとは知らなかったと説明し、ビジネスについての議論はなかったという。
 https://www.wsj.com/articles/trump-son-in-law-jared-kushner-agrees-to-meet-senate-panel-in-russia-probe-1490624814