英字紙ウォッチング

経済、政治記事中心に英語メディアを定点観測

アメリカファースト予算

 晴れ。早いもので2月ももう終わり。ここ数日はそこはかとなく春を感じさせる。
 トランプ氏が今度は軍事費を200億ドル増額すると提案した。軍事費以外の支出を削り、この財源を賄う。軍事費の増額は「歴史的な増額だ」と述べた。
 予算面におけるトランプ氏の最初の提案は、軍事費を200億ドル増やし、それ以外の歳出を減らすことでまかなうというものだった。国際援助プログラムなどに影響が出そうだ。
 軍事的なタカ派は、それでも不十分だと述べている。
 ペンタゴン向けの支出を増やすと約束することで、トランプ氏は、議会に支持者を増やし、海外への米国の関わりを再び命令することになる。その結果、経済刺激策についての約束は延期される可能性が出てきた。
 「この予算は、公共の安全と国家安全保障予算である」とトランプ氏は述べている。3月中旬までは、大統領の予算案の概要は完成しない。10月1日から始まる2018年予算年度に向け、長い交渉が始まる。
 ホワイトハウスの予算担当者は、この提案を「アメリカファースト予算」と名づけている。選挙期間中の約束を政策とお金に変えるプロセスである。軍事費には6030億ドル、それ以外には4620億ドルを使う。
 米国が軍事大国であることを実感させる予算バランスである。
 https://www.wsj.com/articles/donald-trump-to-propose-54-billion-increase-in-military-spending-1488210593