英字紙ウォッチング

経済、政治記事中心に英語メディアを定点観測

何しにアジアへ?

 トランプのアジア歴訪。エコノミスト誌は、議題のない歴訪である、と辛辣に皮肉っている。
 米国がアジアを軽視していることに関心を持っている人々にとって、トランプのアジア歴訪は一種の達成である。習慣の生き物である米国大統領は、自国のベッド以外で夜を過ごすことを好まない。
 また、モラー特別検察官による最初の捜査が始まり、トランプ大統領にとって外交は優先順位の低いテーマである。
 11月3日から始まる12日間にわかるトランプ外遊は、彼にとってもっとも長い外遊になるだろう。ハワイを経由して、日本、韓国、中国、ベトナム、フィリピンを訪問する。
 彼のツイッターの発言により、アジアとアメリカとの関係は脆弱なものになっている。
 https://www.economist.com/news/asia/21730919-he-gets-little-credit-showing-up-donald-trumps-agenda-asia-mystery