英字紙ウォッチング

英語メディアの経済、政治記事を定点観測

店舗再開プランの練り直し

 晴れ。

 アメリカのコロナ感染症の動向は、カリフォルニアやテキサス、アリゾナで記録を更新している。アップルやマクドナルドは店舗再開の計画を練り直している。

 7月4日の休日を前に、米国のあちこちでコロナ感染の広がりが出ている。

 米国におけるコロナ感染が比較的早かった人口の多い州において、最初の感染の波は乗り越えた。しかし、どうやらここ数週間のうちに第2波がやってきたようだ。カリフォルニアではいくつかの制限を緩めたとたんの出来事である。

 火曜日以降、カリフォルニア州の保健局は9740人の感染者数を報告した。累計で23.3万人となる。

 テキサスのいくつかの病院では、感染者の急増によって収容者があふれている。7月1日時点で6900人以上が入院している。

 この感染第2波により、特に米国南部と西部において、企業や地方自治体の動きが鈍くなったり、停止する動きが出ている。アップルは7州における30店舗の再開を取りやめると発表した。

 https://www.ft.com/content/a6b959b8-83db-434f-bee4-c431b2187cac