英字紙ウォッチング

経済、政治記事中心に英語メディアを定点観測

ホワイトハウスの反逆者

 エコノミストより。
 当然のことながら、トランプ氏を揶揄している。全世界に対してトランプ氏が怒りをあらわにするに伴い、米国の同盟国は心配を募らせている。
 ワシントンは革命に見舞われている。就任式の暗い雰囲気がまだ残る中、トランプ氏は政界に大統領令を次々と投げつけている。彼は止まらない。TPPから脱退し、NAFTAは再交渉。メキシコに壁をつくり、移民政策を修正し、英国とロシアには宥和的な態度をとり、EUには冷たくする。拷問を擁護し、報道機関は攻撃する。
 彼の批判者にとってみると、トランプ氏は向こう見ずであり、むちゃくちゃである。
 政治の世界において、混乱は失敗をもたらす。しかし、トランプ氏に限って言うと、混乱は彼の計画の一部であるかのようだ。選挙期間中に打ち上げた荒唐無稽な約束は真剣な革命と化している。
 トランプの反乱を理解するために、まず彼の怒りの使い方からみてみよう。
 http://www.economist.com/news/leaders/21716026-donald-trump-rages-against-world-he-inherited-president-americas-allies-are-worriedand